採用ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. blog
  4. パチンコ店の専門用語を紹介!K-POWERSのホールスタッフも活用

パチンコ店の専門用語を紹介!K-POWERSのホールスタッフも活用

皆さんこんにちは!K-POWERS大阪本店の坂本です。
K-POWERSではスタッフ同士がインカムを通してコミュニケーションを取る機会が数多くあります。
スタッフ同士のコミュニケーションを効率良く、円滑に進めるためにパチンコ店独特の専門用語も数多く用いています。
そこで今回は、ホールスタッフが日々どんな専門用語を使っているのかをご紹介します!

パチンコ店のホールスタッフが使う主な専門用語

ホールスタッフとして働いていると、専門用語が飛び交うため、入社したばかりのころは戸惑ってしまうかもかもしれません。
しかし安心してください!弊社では専門用語への理解も深められる研修プランをご用意しています。
ホールスタッフとして現場に入る前に研修を実施するので、安心して仕事をスタートできます。
仮に事前研修時に学ばなかった用語が出てきても、先輩がすぐ教えてくれますよ。
それでは、よく使う専門用語を順にご紹介していきます!

インカム

冒頭から登場しているインカムですが、これは無線通話機のことを指しています。
イメージが難しい場合は、小さなトランシーバーを連想していただければと思います。
インカムを使うことで持ち場を離れずにスタッフ同士でコミュニケーションが取れるため、慣れてくるととても便利に思えますよ。

風適法

「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の略語で風営法とも言います。
すべてのパチンコ店が、この風適法のルールを守りながら日々営業をしています。
風営法のルールを守ることが店舗を守ることにもつながっているため、店長からホールスタッフまでしっかり把握しなければなりません。

ハウスルール

店舗毎に定められた、店舗特有の独自のルールのこと。
独自のルールとありますが、風適法に則った内容でハウスルールを作成している店舗が多いため、他店舗のハウスルールと大きく異なることはあまりありません。

サンド

台の横にある、玉やメダルの貸出機のこと。
台と台の間、もしくは台をはさむような位置にあることから、サンドイッチの略として呼ばれているそうですよ。

ジェット


玉やメダルを計算する機械。
ジェットに流し込まれた玉(メダル)を計算し、レシートや会員カードに記録します。
レシートの場合、カウンターで記録された玉数に応じて賞品と交換することができます。

メインフリー

ホール内の現場監督的ポジション。
主に社員が担当することが多いのですが、店舗によってはベテランのアルバイトスタッフが行うこともあります。

ゴト

不正行為を行い、遊技台から出玉を獲得する不正行為。
また、ゴトを行う人物をゴト師といいます。
K-POWERSではすべてのお客様に平等に楽しんでいただくために、ゴト行為を強く取り締まっています。
ゴト行為にも様々な種類がありますので、事前研修時にしっかりお伝えします。

専門用語を身に着けてホールスタッフとして活躍を

いかがでしたでしょうか?
今回は一部を抜粋して簡単にご説明させていただきましたが、他にもたくさんの用語があります。
パチンコ店の専門用語は数も多く覚えるのが大変ですが、少しづつ覚えてくるとお客様との接客や上司との会話など、いろんな場面で役に立ちます。
お客様にご提供しているパチンコ台やスロット台にも、どんどん興味が湧いてきますよ!
パチンコやスロットに興味がある!といった小さなきっかけでも構いません。
少しでも興味のある方は、是非K-POWERSで働いてみませんか?
皆様のご応募お待ちしております!

関連記事